ミシン The Machine

2004年3月13日~17日(全5回公演)
会場:六本木スーパーデラックス

六本木のクラブ、スーパーデラックスでの公演。〈女がたったひとりの極小の工場でパラシュートを作る〉という前作『Parachute Woman』の構造を継承しながらも、ヴィヴィッドな六本木の街をアプローチに、都市の現在を視座に納め、音楽、映像、機械=装置が、〈労働〉でヒートアップした身体と一体化するモチーフを一層緻密に出現させた。

テクスト・コンセプト:倉石信乃
演出・美術: 藤田康城
出演: 安藤朋子
作曲・演奏: 猿山修
舞台監督:鈴木康郎
照明: 竹野健三郎
音響:田中裕一(サウンドウェッジ)
音響オペレーション:須山悠里
衣装:安東陽子(NUNO)
映像:三梨朋子
宣伝美術:山口信博
写真:宮内勝
制作:前田圭蔵