KIOSK

2006年12月21~24日(全4回公演)
会場:横浜・BankART 1929 Studio NYK(共催:BankART1929)

前作『PAYDAY』のコンセプトを引き継ぎつつ、奇妙な風体の二人の男(鉄割アルバトロスケットの戌井昭人、奥村勲)が「KIOSK」の女店員と噛み合ない交流を持つ。更に店舗がおかれた「市場」を淡々と掃除する別の女(前田真里)が、空間の空虚さを際出させる。女店員は、水がいっぱいになるとブザーがなる小さな機械に労働行為が振り回され、その労苦はますます際立っていく。

テクスト・コンセプト:倉石信乃
演出・美術:藤田康城
出演:安藤朋子
   戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)
   奥村勲(鉄割アルバトロスケット)
   前田真里
舞台監督:川上大二郎+鈴木康郎
照明:大迫浩二
音響:田口製作所+畠山祐介
機械装置:高橋永二郎
衣装:安東陽子(NUNO)
衣装アシスタント:渡部直也
宣伝美術:山口信博+須山悠里
写真:宮内勝
制作:前田圭蔵+天野未来