Homesickness-bis

2002年9月7日~10日(全4回公演)
会場:RICEGALLERY(旧佐賀町エキジビットスペース/食糧ビル)

80年、90年代の日本のコンテンポラリーアートをリードした伝説的なギャラリー「佐賀町エキジビット・スペース」「RICE GALLERY」。そのアートスペースの最後のパフォーマンスとして、昭和初期の歴史的建造物「佐賀町食料ビル」で上演した。建物が取り壊される直前にそこにある古い机をインスタレーションし、また窓から入る外光を照明とするなど、現実空間の歴史性を前景にして、『Homesickness』のコンセプトを拡大しながら、〈最小限の居場所=家〉の解体と喪失の関係を再び問い直した。

テクスト・コンセプト: 倉石信乃
演出・美術: 藤田康城
出演: 安藤朋子
作曲・演奏: 猿山修
照明: 竹野健三郎
宣伝美術:山口信博
写真:宮内勝
制作:前田圭蔵